日本画壇と、CGアート

出産してからは創作意欲が湧いて、娘が寝た後、毎晩深夜まで絵を描いた。また油絵を描きたいとは思わなかった。仕事部屋が狭くキャンバスを置くスペースがないこともあったが、15年以上もデザイナーとして仕事をしてきた私は、油絵具よりもグラフィックソフトの方が遥かに表現の可能性を感じていた。

この絵は、第24回絵画公募展「IZUBI」で賞候補に選ばれた作品。確か当時の審査員には、画家だけでなく美術館長やグラフィックデザイナーもいた。審査員たちはこの絵がどのように制作されたかわからず、絵に近寄って注意深く観察したらしい。展覧会の講評では「母親の顔が優しく描かれている」と評されて嬉しかった。でもその後、IZUBIの審査員は、全員画家と美術評論家で構成され、CGアートは公募展の選考に残りにくくなった。

当時の日本の美術界は、油絵や日本画など、絵具を使って筆で描くのが主流だった。CGで描いた絵画は未確認飛行物体のようなものだった。技術的な熟練を重要視する日本画壇の権威者たちは、どのように制作されたかわからない絵画を認めようとしなかったし、美術評論家が「CGアートが日本の美術界に侵入するのは危険なことだ」と美術雑誌で熱弁を奮っていたので、コレクターはなかなかCGアートを購入しようとしなかった。

CGアートが認められなくても、私は絵が自分の生きる道だと考えていた。描きながら、どのようにして生きていくか、毎日考えていた。制作活動だけでなく、今後私に降りかかってくるだろう子供の教育や老後のことと、お金のことは切ってもきれない問題だった。私はこれらの問題と向き合うために資金を作り続けることは避けられなかった。

黄昏 29.1×41.3mm 色鉛筆・アクリル絵の具・CG/紙 2005


TOMOMI SATO’S ART WORKS
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク