才能が開花する時。

豪快に手を広げる蘇轍と、艶のある黄色とオレンジ、緑のアダン。賑やかに主張しあう南国の近景。遠景の島は、それらを冷めた目で見ている。
田中一村は最も好きな作家の一人だ。作品だけでなく、その真っ直ぐな生き方も好きだ。
貧困と闘いながら制作するもなかなか日の目を見なかった一村は、これまでの人生に区切りをつけて奄美大島へ旅立った。この時、51歳。奄美大島で制作を続け、69歳でこの世を去った。

最初に一村の絵を見たときは、なんて官能的な絵をかく人だと思った。大胆な構図、豊かな色彩。「日本のゴーギャン」と言われるくらい、当時の画家にはない艶やかさがあった。でも一村がこのような画風になったのは、奄美大島へ移住してからだ。
一村は生前は美術界に認められることはなかったけど、奄美の自然に囲まれた生活は充実していたらしい。いろんな発見をしていたのが晩年の絵から見て取れる。奄美大島の豊かな自然は、眠っていた一村の感性を引き出したのだ。
一村にとって51歳は、非常に重要な転機だったと思う。千葉にいたままでは、貧困や出世欲などに苛まれ、本来の才能は開花しないまま人生が終わっていただろう。

そういえば、マイケル・ジャクソンが亡くなったのも、瀬戸内寂聴が出家したのも51歳。区切がつく年齢なのかな。とにかくやることやってきて、人生のゴールが見えてきて、やり残したことをやろうと本気で思った時に、潜在能力が開花するのかもしれない。

田中一村 「奄美の海に蘇鐵(そてつ)とアダン」1961年

TOMOMI SATO’S ART WORKS
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク