心理カウンセラーは必要か?

ひろゆき氏が、Youtubeで「心理カウンセラーとして活動を考えていますが稼げますか?」という質問に「やめた方がいいです。心理カウンセラーという肩書の人はいっぱいいますが、そんなもんにお金を使う人はあんまりいません」と答えていた。

「そうかもなあ」と正直、思った。だって、ライブに毎日を過ごしている人は、自分を見つめるなんて面倒な作業はしたくないもんだ。私は今心理学の勉強をしているが、人生に役立てられるのは、それなりに経験を積んできたからだ。若い頃は考えるより行動する派だったので、健康を病まない限り、カウンセラーにかかろうと思わなかった。

自分で人生を動かす力のある人は、多くの場合、心理カウンセラーを必要としない。何か問題が起きた時、自分や人の心を感じる時間があったら、次の一手を考え行動しようとするだろう。でもDaiGoさんがもっと自分を内観をしていたら、今回の失言騒動は起こらなかったんじゃないかなあと思う。

どちらかというと、思春期の子供やサラリーマン、主婦など、家族間や会社の人間関係に疲れている人には必要な職種だ。しかし人は悩みを抱えている時ほど内面を打ちあけたがらないので、カウンセリングルームにはあまり行きたがらない。もし行けたとしてもカウンセラーとのマッチングがうまくいくかは別問題だ。それを考えると、「心理カウンセラー」とか「カウンセリングルーム」というネーミングの看板は、あまり効果がないかもなあと思う。

例えば病院や学校など、他のサービス業務に心理学の知識やカウンセリングスキルがあると、喜ばれるんじゃないかな。もちろん私の芸術にも、充分活きている。

TOMOMI SATO
————————————————-
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク