壮大な天空活劇。

初めて加山又造の作品を見たのは、確か小学生の頃だったと思う。「初月屏風」と名づけられたこの作品は、凄まじい天空活劇を思わせる。
灼熱の太陽が去り、熱を失なって慄いた風が妖しくうねりながら大地へ押しよせ、雲海を揺らす。朽ち始めた草木が不安にざわめき、冷徹な三日月がその様を静かに身守っている。
この絵を見たとき、ああ、自然にも命があるのだ、生きているんだ、と思った。

「やまと絵」と呼ばれている、と大人から聞いた。「やまと」とは大昔の日本の呼び名だ。目に見えないものに命を吹き込む鋭い感性に、私は誇りと敬意を感じた。

風にも、雲にも、山にも、呼吸があり、それらは時には荒々しく、時に優雅に、動いていは絡まり、共鳴しあう。人間界と同じことが、自然界でも起きている、と感じたとき、私の小さな命が、広大な世界とつながったような、不思議な感覚を持った。

加山又造 「初月屏風」1967年


TOMOMI SATO
————————————————-
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク