私は今、「愛ある動機」を探している。

ここ1〜2年のことだが、「伝えたい」とか「承認されたい」という気持ちが減少した。これは諦観なのか、達観なのか、伝えたいことを表現しようとすればするほど、伝えたいことの本質からずれていくような気がしたのだ。
いろんな仲間から声がかかっていて描かなければという焦りはあるのだけれど、常に動いているアートマーケットの中で動かなければ後退していく危機感もあるのだけれど、なんとなく体が進まないは、そのせいだ。

「物事の本質に近づけば近づくほど、物事は抽象化するんですよ」
Youtubeで誰かが言っていた。そうかもしれない。物事は光を当てる方向で見え方が変わる。具体化すればするほど、そのものが持つ深みを失っていく。具体化しなければ世の中の多くの人には届かないのはわかっているけれど、自分が信じてきたことと違うことをやるためには、それ相当の「愛」が必要なのだ。そして私は今、「愛ある動機」を探している。

久しぶりにトライセラのギャラリーを更新した。新作をアップロードする時に、以下の3つの表現の有無をブラウザに聞かれる。
1.性的表現 2.宗教的表現 3.政治的表現 
どれかが含まれると、ギャラリーは作品を広告に使用することができない。

タブーとは、侵されざるべき領域のことだ。私たちには絶対的存在などないのだけど、平和でいるために寄るべきところを求める。日本では性的表現が最もタブー視されているので、不倫などをすると激しく糾弾される。
タブーが人間性を侵害し、芸術は社会を革新すべきと考えていた私は、ある時期、このタブーに挑戦するように描いていた。しかしタブーは、集団意識の中に組み込まれていて簡単には改革できない。それこそ社会批判で殉職する覚悟が必要だ。

ある国では、神についてコメントした女優が批判の的になり、SNSが炎上した。ある外国の友人は政治の話になると口を閉ざしてしまう。地域によってセンシティブな問題は異なるのだろう。
地球規模で考えると、何が正義かなんて明確にはできないものだ。国や地域で文化が違うように、生きていくために信じていることは共通ではない。無闇な主張は争いを引き起こすようなもので、安易に表現するのが怖くなってきた。

しかし私は私で、寄るべきところを求めている。それは多分、主張を必要としない安らかなものだ。いつも意識できないだけで、その瞬間は時々くる。そういった瞬間を描かなければと思う。そして芸術に必要なものは、必ずしも芸術の中にあるわけではないことも、薄々感じている。

ジョアン・ミロ《華やかな翼の笑顔》1953年



About TOMOMI SATO〜人生開拓アーティスト佐藤智美 プロフィール

【TOMOMI SATOS ART WORKS】https://www.ts-artworks.com
【TOMOMI SATOS ART SHOP】https://artworks2017.thebase.in
【TOMOMI SATOS ART BLOG】https://tomomiart.tokyo
【GOOD DAY! GOOD LIFE!】https://lifeupdate.xyz

スポンサーリンク

人生開拓アーティスト佐藤智美プロフィール
人生開拓アーティスト佐藤智美 プロフィール

 

最新情報をチェックしよう!
>[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

古い価値観が崩れ、新しい価値観が生まれようとしている現代。変容する社会の中で見えた人間の姿を、アート&ストーリーでお届けします。

CTR IMG