平穏と不穏は紙一重。

安倍晋三元総理が死亡した。参議院選の応援演説中に銃撃されたのだ。日本中が騒然としている。

ちょうど昼ごはんの支度中にニュースの速報で知った。安倍元総理にはガードマンがついていたが、制止できなかった。加害者は散弾銃を気づかれないよう細工して、背後から撃ったようだ。
その一部始終をスマホで撮影した人も多く、繰り返し映像がテレビで流された。あまりにも通常の、私たちの日常と変わらない場所で、日本の社会を守り導いてきた人が民間の暴力によって命を絶たれた。

怖かった。目の前を覆っていたカーテンをいきなり破られたような。「明日は私かも」と不意に思った。そのようには考えたくないけど、見たくなかった社会の現実を見せつけられたような感じだった。


日本は銃の所持には厳しいし、警察と暴力団の争い事以外で銃撃事件はあまり聞かなかった。だから今回のような事は、私にとって違和感がありすぎた。「守る側の人が守られる側の人に殺される」という逆転の構図が、不気味だった。

最近、このような違和感に動揺することが多い。平穏が壊され、平常心であろうとすると緊張して体が強張る。動悸がする。これは1〜2年くらい前から私によく起きている現象だ。

平和というのは私の思い込みで、水面下では安穏と暮らす人たちを狙った銃口があちこちに仕掛けられている。私たちは守られているように見えても、災難は不意に襲ってくる。頼れるものがない、という現実は、容赦無く目の前に突きつけられる。


本当に平和ボケしている。
いや、私たちはいつも、平和を「演じている」のだ。

銃撃した犯人の動機をYoutubeで解析している人がいて、日本の事なかれ主義への恨みや妬み嫉みを放置することの危険性を訴えていたが、おそらく解析する本人がそういったネガティブな感情を持っているのだと思う。

本当の動機はわからない。一つ思うことは、人間の心を解析することなどできない、ということだ。
ちょっとしたことでムカついて、人を殺めてしまった、犯罪を起こしてしまった、という事は、決して許されることではないが、そのような暴力性を誰もが抱えていて、何かの拍子に表出してしまうような事は、起こりうるのではないか。

暴力性を出さずに生活できていることがありがたい。平穏と不穏の紙一重で生きる私たちの危うさを感じながらも、バランスをとって生きている。

写真:週刊女性PRIMEより

「言葉とアートで人生をブレイクスルーするフリーランス画家 佐藤智美」メルマガ登録はこちら

【TOMOMI SATOS ART WORKS】https://www.ts-artworks.com
【TOMOMI SATOS ART SHOP】https://artworks2017.thebase.in
【TOMOMI SATOS ART BLOG】https://tomomiart.tokyo
【GOOD DAY! GOOD LIFE!】https://lifeupdate.xyz


スポンサーリンク

 

最新情報をチェックしよう!
>[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

古い価値観が崩れ、新しい価値観が生まれようとしている現代。変容する社会の中で見えた人間の姿を、アート&ストーリーでお届けします。

CTR IMG