女は頑張ってはいけない。

子育て中の私は、ママ友集団が苦手だった。
挨拶しても顔を背けるし、街で会っても逃げていく人がいて、何を考えているかわからない怖さがあった。

朗らかで可愛いママさんと仲良くなったことがあったけど、女って仲良くなると安心するのかな、彼女の良い面と悪い面が過剰に私に侵食して、体調を崩したこともある。

どうしてこんなに神経質だったのだろう、と、振り返ってみても驚く。
巷のお母さんたちの間でも、そういうトラブルはよく聞く話だった。





あの時私は、とても頑張っていた。自分のためにではなく、人のために。
そうすることで、愛されたかったし、認められたかった。

こんなに頑張っているのに、愛されない現実に直面すると、遠い昔に傷ついた私が出てきて、いちいち泣いていた。

もしかしたら、他のお母さんも、そうだったのではないかなと思う。

子供と触れ合ううちに、自分の中のいろんな子供が出てきて、喜んだり悲しんだり、子供時代に得られなかったことを体験していたんだ。
そんなんだから、優秀なお母さんなんて、なれるわけがないんだ、と認めたら、やっと楽になれた。

もう話さなくなってしまった、手強いお母さんたちも、昔はどんな少女で、子育てをしながら、どんな世界を見ていたのか、今なら共感できるような気がする。

程よい距離感で。

「言葉とアートで人生をブレイクスルーするフリーランス画家 佐藤智美」メルマガ登録はこちら

【TOMOMI SATOS ART WORKS】https://www.ts-artworks.com
【TOMOMI SATOS ART SHOP】https://artworks2017.thebase.in
【TOMOMI SATOS ART BLOG】https://tomomiart.tokyo

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

古い価値観が崩れ、新しい価値観が生まれようとしている現代。変容する社会の中で見えた人間の姿を、アート&ストーリーでお届けします。

CTR IMG