男女平等って何?

もう80にもなる母と近況や娘の話をしていると、「あんたの娘はきっと稼ぐわよ」と、まるで希望をつなぐみたいに言う。

私が美大に行かせてもらった理由は「女性も手に職つけて稼げるようになるため」だった。母は、女性も男性のように稼げなければ対等になれないと思っているようで、私が大人になってからも、ずっと私の収入について言い続けていた。。

私が収入に拘ってしまうのは、母の影響だ。この歳になっても、母の呪いは続くんだなあと思う。


私たちの親世代が現役だった高度成長期は、男性も女性も国の経済成長のために人生を捧げていた。
社会で戦う男性を家で支えるというジェンダーを押しつけられた女性は、常に男性に人生を奪われたと感じていたのだろう(人生を奪われていたのは会社に囲われていた男性も同じだ)。
「いつか女性も男性と対等になれるように」というのは、当時を生きた女性の切実な願いなのだと思う。

私は今、夫に経済的に支えられているが、夫と私は不平等だと思わない。これまでの人生の中で私が夫を助けたことは何度もあったし、収入だけが人の評価対象ではないと思う。

そう思えるのは、社会的評価や常識から離れた私を、ちゃんと生きれるようになれたからだ。


「言葉とアートで人生をブレイクスルーするフリーランス画家 佐藤智美」メルマガ登録はこちら

【TOMOMI SATOS ART WORKS】https://www.ts-artworks.com
【TOMOMI SATOS ART SHOP】https://artworks2017.thebase.in
【TOMOMI SATOS ART BLOG】https://tomomiart.tokyo

スポンサーリンク

 

最新情報をチェックしよう!
>[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

古い価値観が崩れ、新しい価値観が生まれようとしている現代。変容する社会の中で見えた人間の姿を、アート&ストーリーでお届けします。

CTR IMG