fbpx

美術的価値ってなんだろう。

パシフィコ横浜で開催されていたTokyo Gendaiを見た。前宣伝が盛大だったので、興味があったのだけど、いまいちだったな。でも第1回のアートフェア なのでこれからどう成長するかだね。

国際アートフェアなので香港やニューヨーク、パリから来ているギャラリー もあり、ギャラリストがブースで神経質そうにノートパソコンをにらんでいた。そばにいたコレクターツアー団体でガイドらしき人が「今はエディション ものの方が資産価値が高いんですよ」というような説明をしていた。
アートフェア で作品が売れなければギャラリーは死活問題なのだろうな、と思うと、少し同情的な気持ちになった。

どの作品もよく考えられているし、クオリティも高いけど、全体的に華がないと思った。以前マイアミで見たアートフェア の印象が強いのかもしれない。会場に入ると大きな絵がばんばん目に入り、サラダやワインを楽しめるバーがあり、庭に出ればバンド演奏を聴きながらローストビーフやサンドイッチを食べるカップルや家族がいた。街にも店にもアートが溢れていて開放感があり、好きな絵でも買ってかえろうかという気になった。

日本は良くも悪くも洗練されている。作品が見やすいように、すっきりと空間を見せているのだろうけど、それがかえって堅苦しく、アートを近寄りがたいものにしている。

展示作品の価格は明記していなかったけど、数十万、数百万はするんだろうな。そんなお金はないし、手に入るはずもない作品なので、余計魅力を感じなかった。正直、デザインフェスタの方がカオス的で面白いな、と思う私は、国際アートマーケットとチャンネルがずれているのかもしれない。

もし私が億万長者だったとしたら、高額なアートを買うだろうか。
オークションで高値で落札されるような絵に興味を持ったことがないのは、画家としてどうなのかと思うけど、実際、自分の絵に数十万、数百万の値がついているところを想像できない。美術的価値ってなんだろう。と考えたときに、おしゃれで、元気がもらえて、ちょっと手を伸ばせば届くような、親しみやすいものがいいなあと思う私は、やっぱり庶民だ。



言葉とアートで人生をブレイクスルーするフリーランス画家 佐藤智美」メルマガ登録はこちら

【TOMOMI SATOS ART WORKS】https://www.ts-artworks.com
【TOMOMI SATOS ART】https://artworks2017.thebase.in
【TOMOMI SATOS ART BLOG】https://tomomiart.tokyo

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>言葉とアートで人生をブレイクスルーする フリーランス画家 佐藤智美

言葉とアートで人生をブレイクスルーする フリーランス画家 佐藤智美

幸福と不幸が簡単に裏返る時代に、
どのような視点に立てば
快適に生きられるのかを探求しています。

決して消されない私たちの「道標」を一緒に探してみませんか?

CTR IMG
Verified by MonsterInsights