TAG

家族

  • 2022年11月14日

機能しない家族

ニートや引きこもりの家族を持っている人に、その家族のことを聞いてみたら「あいつ最低だよ」と否定的であることが多い。でも本当はその家族を憎んでいるのではなくて、得られなかった愛にたくさん傷ついて、奪われた膨大な時間を嘆いているのだと思う。

  • 2022年10月3日

父から貰った本。

リチャード・バックの「かもめのジョナサン」。主人公のカモメ、ジョナサン・リヴィングストンが、飛ぶことの高みに到達するために修練を重ねる話だ。

  • 2022年9月19日

父の死。

家族の奮闘も虚しく、どんどん痩せ細って弱くなっていく父は何を思っていたのだろうか。私は誰の迷惑もかけずに一人で死にたいと思っていたけど、改めて、人の死際の壮絶さを思い知る。

  • 2022年4月18日

幸福も人の命も有限である。

私の人生の挑戦や危機の場面で、ぶつかりながらも見守ってくれた父と母の姿がいつもあった。静かにアドバイスする父と、叱咤激励する母。気軽に甘えていた日々が、今はとても貴重で尊い宝物だ。

  • 2022年3月15日

ホスピスの父に会いに行った。

喉の筋肉が弱ったのだろうか、父は力ない声で、あううう、と苦しそうに言った。しかし目は真っ直ぐに私を見ていた。何か伝えたいことがあるようだ。私は、じっと父に耳を傾けた。

  • 2022年1月4日

「爬虫類脳」の人。

「毒親」というキーワードが流行っていて、心理学系Youtubeでそのことが解説されていた。毒親になる人というのは、いわゆる「爬虫類脳」だという。

  • 2021年11月19日

大手術を受ける夫と、ホスピスへ行く父。

家族の「死」をこれほど身近に感じたことはなかった。何気なく送ってきた日常をこれほどまでに尊いと思ったことはなかった。一緒にいるものに甘えたり頼ったり、不平不満を言って喧嘩したりできることが、どれだけ平和で幸せなことかを実感する。

  • 2021年11月3日

夫が交通事故に遭った。

今夜は外食でもして感動を分かち合おうと思い、スマホで夫と中華料理店の前で待ち合わせの約束をした。「わかった」と快い返事が返ってきたが、待ち合わせ場所で20分待っても夫はこなかった。

  • 2021年10月29日

父の病気が悪化した。

私の実家は家族間の距離も近く絆も強かった。それだけに、自立心が育ちにくい環境だったけど、どんな時も互いに寄り添い助け合おうとする愛情深い家族だった。

>9:00p.m.~Digital Art Making by TOMOMI SATO

9:00p.m.~Digital Art Making by TOMOMI SATO

デジタルアート9:00p.m. メイキング動画です。

CTR IMG