天命を生き抜く。

52歳って、マヤ暦では生まれ変わりの年なのね。

子供の頃は、周囲から期待されていた。勉強もよくやったし、仕事も頑張ってきた。でも現時点で、私が持っているのは、若い頃に想像していたような成功ではない。
アートでお金を稼ぐことを考えていたら、もっと世の中から求められる作品を作っただろうし、有益な人脈や機会を求めただろう。

実際私も、そのようなアドバイスをたくさんもらってきたにもかかわらず、全然違う道に来ているということは、結局、お金を稼ぐことよりも絵と共に成長することを選んできたからだ。
今、いろんな気づきを得て、心の豊かさを得られたし、貴重な友達や支援者もいる。それが今ある私の成功かな。


「使命を生きる時にやってくる運命という名の波を、切り開いたり乗り越えたりすることで天命を生き抜く」
というのは「幸せ基準で小金持ちを目指す人のためのYouTubeチャンネル」伊木ヒロシさんの言葉。

天命=お役目
使命=役を演じ切ること。
運命=使命を生きる間に出会う人・もの・事
宿命=初めから決められている枠組み

では、私の天命って、なんだろう。「美術」とか「創作」以前に、女性として生まれた人生をしなやかに生きることだったのではないか。
「女性」の本質として、自由、自然体、官能、をいつも感じていて、それらを存分に使いたいと、考えてきた。芸術は、それらの産物だ。




最近、ビジネスのことばかり考えていたら、疲れちゃって、何もやる気がしなくなってしまった。これは私が別のものになろうとしていたのか…困難を切り開こうとしていたのか。
ちょっとしたことで気持ちが切り替わり、前者にも後者にもなるんだなあと思う。



「言葉とアートで人生をブレイクスルーするフリーランス画家 佐藤智美」メルマガ登録はこちら

【TOMOMI SATOS ART WORKS】https://www.ts-artworks.com
【TOMOMI SATOS ART SHOP】https://artworks2017.thebase.in
【TOMOMI SATOS ART BLOG】https://tomomiart.tokyo





スポンサーリンク

 

最新情報をチェックしよう!
>[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

古い価値観が崩れ、新しい価値観が生まれようとしている現代。変容する社会の中で見えた人間の姿を、アート&ストーリーでお届けします。

CTR IMG