• インターネットビジネス,  仕事

    Google Adsense 広告掲載の自動設定

    スポンサーリンク

    9月13日からGoogleAdsenseが私のサイトに配信された。設定方法に迷ってアカウントをいじくり回していたら、ヘッダー下にハイライト広告が入ってしまった。広告ばかり目立ってしまい、記事が読みにくいと思った方にはお詫び申し上げます。。。で、ハイライト広告を非表示にしようにも、「テスト期間なので変更できません」というメッセージが出て、非表示にできない。

    テスト期間てなんだ?そういえば、アカウントを確認してみると、広告掲載の自動設定で、広告効果を測定する期間が3ヶ月となっていた。
    広告表示が増えて、アクセス数も収益もが増えるどころか減ってしまった。3ヶ月なんて長すぎる。。とにかくこの広告掲載の自動設定を解除する方法をかたっぱしから調べて、ようやく設定を解除する事ができたが、ハイライト広告が消えてくれない。どうもタイムラグがあるようだ。1日経過してようやく消え、私はほっと胸を撫で下ろした。

    その後、SNSで外国の友人から連絡があり、最近、モバイルから私のサイトが見られなかったと聞いた。アクセスすると黒いページが表示されていたというが、今は普通に閲覧できるようだ。原因がなんだかわからないが、広告掲載の自動設定をしていると、多くの広告がランダムに表示されるために、容量が重くなっていたのかもしれない。何はともあれ、解除出来て良かった。

    あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?




    TOMOMI SATO
    ————————————————-
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp




    スポンサーリンク
  • インターネットビジネス,  仕事

    「キーワード」から導き出した大衆心理。

    スポンサーリンク

    ASPの広告記事を書くのに、興味のある分野がいいと思うのだが、成功者の話によると、ブルーオーシャンのニッチなキーワードを狙っていくのがいいらしい。何がブルーオーシャンで何がニッチなのかわからないので、Googleのキーワードプランナーを使ってみる。GoogleAdsのアカウントを持っている人は無料で使える便利なマーケティングツールだ。

    まずは、自身がよく検索するキーワードとして「英会話」と入力してみた。1ヶ月の検索回数が1196件とまあまあのボリューム。キーワード候補に「オンライン」「安い」「子供」「高校生」などがあることから、レッスン料金や、子供の受験対策に悩みのある人が多いのだろう。
    思いつくキーワードを入れて検索ボリュームを調べているうちに、私が今打ち込んでいる分野について調べてみたくなった。

    「現代アート」。1ヶ月の検索回数は1万〜10万。世間の現代アートの関心は高いようだ。
    キーワード候補として、有名アーティストの名前や、ジャンル、モチーフ、価格などが多い。有名な作家の作品を買って飾りたい人が多いってことだろう。

    「現代アートとは」「コンテンポラリーアートとは」のキーワードからは、現代アートを知りたい人たちの存在も見えてきた。高額は出せないけど、自分の好きなアートを見つけ楽しみたい、とか。ちなみに「デジタルアート」はブルーオーシャンでニッチな分野だ。しかし買うより作りたい人が多いのかもしれない。

    次に「心理カウンセリング」。これも結構ボリュームが大きい。心理カウンセリングを受けるより、なりたい人が多いようだ。治療法や病名などのキーワードも多く、心理学の知識があっても実際の心の扱い方に困って調べている様子も窺える。

    キーワードから導き出された大衆心理を検証しているうちに、今私がやっている二つの分野のどちらも既成の道では成功しにくい現実が見えてきた。「買いたいより作りたい」「カウンセラーにかかるより、なりたい」という人が多いということは、この二つを教養として人生や生活にとり入れたい人が多いのかもしれない。



    TOMOMI SATO
    ————————————————-
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • インターネットビジネス,  仕事

    Google AdSenceとAMPを紐づけるには。

    スポンサーリンク

    このサイトによく訪れてくださっている方はお分かりかと思いますが、私のサイトにGoogle AdSense広告がつきました。タイトル回りが煩いかもしれませんが、ご容赦ください😅

    土曜日に申込み、月曜日に承認通知。審査は厳しいと聞いていたので驚いたのと、稼ぐ仕組み作りの第一歩を踏み出せて嬉しかった。
    先輩アフリエイターの動画を見ながらGoogle AdSenseアカウントで広告配信設定をする。掲載広告の自動配置か手動配置を選択できるが、最初はよくわからないので、自動配置定を選択。Googleの方で私のサイトにマッチする広告を選んで掲載してくれるという、ありがたい仕組みになっている。

    サイトに広告を貼り付けるために、広告コードをHTM Lに書き込まなくてはならないが、プラグインエディターでサイトに直接書き込むと、サイトのデザインが崩れてしまう可能性があるため、Wordpressの広告貼り付け用プラグインを使うことにした。WP QUADSだと比較的簡単だというのでインストールしてみる。

    デスクトップ画面の私のサイトには、広告が表示されたが、モバイルサイト上には表示されない。モバイル用は最適化のためにAMPサイトにしているが、Adsenseアカウントの設定だけでは紐付けされないらしく、この問題を解決するのに、ちょっと苦労した。

    ネットでググって、いろんな人の解決策を試してみたが、あまり古い記事だと使用プラグインが廃止されていたりアップデートされて設定が変わっていたりと難航。Advanced adsとWP QUADS、AMP by automattic+AMP for WPを試して、なんとか紐付けできた(WP QUADSが一番簡単だったと思う)
    しかしプラグイン上で広告の位置を設定しても、Googleの自動配置設定にしているうちは、広告効果測定中(90日)であるため、トップのハイライト広告は動かせないらしい。

    英語で書かれたアナリスティクス設定方法を解読して、スニペットコードをAMPのアナリスティクス設定に書き込み、AMPサイトとGoogle analysticsを紐付けできたと思うが、ちゃんと反映できているだろうか。コーディングなどをやる人はこの仕組みがわかるのかもしれないが、私はやりながら覚えていくしかないだろう。

    今まで美術系や社会系の記事が多かったので、貼り付けられる広告も似たような業界の広告が多い。なんか友達が来たような感じ。ディスプレイ広告が大きいので、もう少ししっかりと長い文章を書かないと、広告の存在感に負けてしまうなあ。



    TOMOMI SATO
    ————————————————-
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp


    スポンサーリンク