• アートビジネス,  美術

    デジタルコラージュ作品講座のご案内

    スポンサーリンク


    一般社団法人日本アーティスト協会の運営する「大人の美術教室」でデジタルコラージュ作品講座を開講することになりました。オンラインスキル講座となっていますが、本講座は、「上手く描く」ことよりも、「何を伝えるか」に焦点を当て、デジタルアートの制作を通じて「内なる自分」を知っていくことを目的としています。もちろんPhotoshopの操作技術もつきますので、Photoshopを楽しく使えるようになりたい人も大歓迎です。1単位3ヶ月、4回のチャット講座がつきます。

    Adobe Photoshop、ペンタブレット、スキャナーをお持ちの方が対象となります。
    (Adobe Photoshopは趣味程度のスキルで可)
    ・Adobe Photoshopは、Adobe公式サイトで購入できます。Photoプランがお得です。

    お手頃価格のペンタブレット通販なら【XP-PEN】

    下記のサイトより詳細を確認し、お申し込みください↓

    デジタルアート作品の制作工程につきましては、公式サイトのWork Processでも紹介しています。

    TOMOMI SATO
    ————————————————-
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • アートビジネス,  美術

    発信者は、無限の可能性を持っている。

    スポンサーリンク

    何年か前に、日本のある美術家が「画家は企画画廊からオファーが来て初めてプロと言える」というような話をインタビューで語っていた。その人は圧倒的な写実絵画を描く人で、個展をすれば完売するような人だったけど、企画画廊と契約しない人や、完売しない作家でも、才能がある人がたくさんいると思っていた私は、視点の違いに困惑したものだった。
    当時は自分の納得いく芸術を作りたい思いと、芸術で生計を立てていきたい思いが葛藤して何が正解なのかを定めきれなかった。

    私がプロなのかアマチュアなのか、その境界線はどこなのか、あんまり考えたことがないけど、いい加減な気持ちでは描かないし、今まで描いてきた作品の半分以上は嫁入りしているので、生計を立てられるに至ってはいなくとも、アマチュアではないのかもしれない。
    画廊の人は、マーケティング的な視点で作品と画家の価値を図っている。作品を確実にお金に換えている人は、その部分で割り切りをしているように思う。

    何がプロで何がアマチュアか。それって、画家本人の価値観が決めることだ。生計を立てられないと画家ではないと思っている人は、商業的な路線へ進むだろうし、精神性を追求する人は、型にはめられることを嫌い、創作者(発信者)として生きやすい道を選んでいく。
    私は、死ぬときに「絵を描いてきてよかったな」と思いたいので、そこから外れた生き方はしたくないし、しないだろうと思う。

    そう言えば、Youtubeから米津玄師が出てきたときは、とても衝撃だった。彼は歌と作詞作曲だけでなく、イラスト、動画制作、演出と一人5役こなしてしまう(本人は人と協調して作るのが苦手だから一人で作ってきたという)。この型破りなスタイルで達成した偉業は、芸術後進国の日本に、とてつもない可能性を掲げたのではないか。

    私は美術大学を出てデザインと絵画の制作をやってきたけれど、文章を書くのも心理学を学ぶのも好きだ。発信、発表のスタイルは、画廊で展示することだけではない。人の心に届くことができれば、なんだっていいと思う。自分のできることを組み合わせて、面白いことができるんじゃないかなって。こんなふうに自由に考えられる私は多分、幸せ者だ。

    米津玄師「春雷」Youtubeより

    TOMOMI SATO
    ————————————————-
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • アートビジネス,  美術

    好きなことは仕事にしない方がいい?

    スポンサーリンク

    緊急事態宣言がなかなか解除されない。皆家に引きこもっているので、Youtubeの視聴者が増える。コロナ不安を抱えた暇な人が多いので、Youtuberの意見に左右されるよなあ。

    日本は先行き不透明だ。いろんな事が崩れて再構築される過程にある。私の目の前に選択肢がいくつかあって、的を絞りたいんだけど、まだその時は来ていないようだ。Youtubeの画面を開くと、いつも、ひろゆきさんがいる。

    「僕は映画が好きなんだけど、映画監督にはなれない。僕はハッピーエンドでない映画の方が好きなんだけど、ハッピーエンドにしないと売れないから、でも、自分のやりたいことを曲げてまで映画を作りたいとは思わないから、映画監督で食べていくのは無理かなと。(中略)好きなことを仕事にすると好きでなくなるから、あんまり好きでないことを仕事にした方がいい」

    それはわかる気がした。例えばアートにしても、「こういうふうにしたら売れるんじゃないかな」という正解は私にもあるんだけど、それをやっちゃうと魂が体の中心からずれていってしまうような。
    多分、売れ筋路線に乗っている人は、その路線に乗れるように自分を変えていってるのかなと思う。

    いろんな人のアートを見ているけど、売れていないからそのアートがよくないかというと、全然そんなことなくて、「この人こんなに才能があるのに、どうしてこんなところにいるんだろう」と思う人も結構いる。そういう人は、「有名になりたくない」とか、「面倒くさい」とか、「周りから干渉されたくない」とかいう理由で、あえて世界を広げないのかもしれない。
    売れている人と売れていない人の差というのは、多分、周囲に自分を開くか否か、なんだろうなあ。

    イタリアで販売する絵を印刷するために、久しぶりに版画工房に連絡したら、「本当にお久しぶりです!お会いできるのを楽しみにしてます!」とめちゃくちゃ喜ばれた。そういえば、コロナとか、娘の受験とか、金欠とか、色々重なって制作から遠ざかっていたけど、やっぱり私の活力源は絵を描くことなんだよなあ。絵を描かないとね。

    TOMOMI SATO
    ————————————————-
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク