「自分軸」で戦う人。

オリンピック卓球女子団体の決勝戦は面白かった。中国は守備範囲も広いし、ラケットを使いこなしていろんなボールを打ってくるし、心理戦も仕掛けてくる。そんな中国を相手にしても怯まず、食らいついていく日本チーム。激しい打ち合いの高速卓球には執念と気迫を感じた。

今年のオリンピックはほんと面白い。選手がプレッシャー負けしていない。

さっきも女子バスケットの準決勝を見ていたのだけど、日本人選手は俊敏にフランス人選手の間をくぐりぬけ、何本もロングシュートも決めていた。体格差のある外国チームに敵わないといわれていたのを覆すような技術力とスピードで、フランスチームを制した。

オリンピックでは、メディアに過度な期待をかけられたり試合以外のことを騒がれて精神的に萎縮してしまう選手もいるけれど、そんな中でも自分軸を保って力を出し切る選手もいる。勝敗そのものよりも、戦い終わった後の、やりきった顔が美しい。

写真:時事通信



TOMOMI SATO
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.au

スポンサーリンク