• 高く跳ぶ青年
    人生,  社会

    高く跳ぶ青年

    スポンサーリンク

    すっかり橋本大輝ファンになってしまって、InstagramもTwitterもフオローしている。普段、他人のSNSに反応することはあまりないのだけど(というか、いい歳して恥ずかしいと普段の私なら思う)、橋本大輝くんは別だ。あの屈託のない笑顔を見るのが、ほんと楽しみだ。

    大輝くんの弾け方はほんとすごい。オリンピックという大舞台で緊張どころか、愛とパワーに満ち溢れていた。
    弾けた若者は、無敵だ。この間のテレビ番組でも、ダウンタウンの浜田さんに「会いたいアーティストがいるんで、どうか会わせてください」なんて言うし、「フォロワーが増えたのでSNSでスポーツの価値を高めるための発信をしていきたい」と、誹謗中傷もはね除けて、アスリートの社会貢献を声高らかに宣言する。その行動言動には嫌味がないし、神々しいくらいだ。

    本当に体操が好きなんだなあ。体操が好きで一生懸命やってきて、負けたときの悔しさも、勝ったときの喜びも充分味わってきたから、国籍関係なく純粋にスポーツに打ち込む人たちと繋がり、それによって得られる喜びを世界中に分け与えられるんだ。

    大輝くんの身体は、いかにも体操で鍛え上げてきたという感じだけれど、瞳や表情にはいろんな物事を受け入れる透明感があった。SNSの文章を読んでいても感受性豊かで、小さなことを気にしてしまうところもあるけど、細やかに人の気持ちを配慮することもできる。
    いろんな人に支えられて、いろんな人から愛をもらって、充分な土台ができたから、ここぞというときに高く跳べたんだ。

    私が20歳の頃、充分な土台はなかった。跳ぼうとすると、大人達が「やめなさい、怪我するから」と、私の足を引っ張った。
    高く跳ばなければ、落ちる痛みもわからないし、跳び越えた達成感も幸福感も知ることができない。温存した気持ちは時間が経つとネガティブに変わっていく。

    「やめなさい、怪我するから」この声は、愛の声ではない。再び傷つきたくないために、冒険心を殺そうとしているんだ。

    呪いの声を掻き消して、目を見開き、耳を澄まし、「魅了するもの」を感じてみる。
    恐れがあらわになり、ブロックが外れて、新しい光が降りてくる。

    扉が開く。私も飛ばなきゃ。


    TOMOMI SATO
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.au

    スポンサーリンク
  • 人生,  社会

    「自分軸」で戦う人。

    スポンサーリンク

    オリンピック卓球女子団体の決勝戦は面白かった。中国は守備範囲も広いし、ラケットを使いこなしていろんなボールを打ってくるし、心理戦も仕掛けてくる。そんな中国を相手にしても怯まず、食らいついていく日本チーム。激しい打ち合いの高速卓球には執念と気迫を感じた。

    今年のオリンピックはほんと面白い。選手がプレッシャー負けしていない。

    さっきも女子バスケットの準決勝を見ていたのだけど、日本人選手は俊敏にフランス人選手の間をくぐりぬけ、何本もロングシュートも決めていた。体格差のある外国チームに敵わないといわれていたのを覆すような技術力とスピードで、フランスチームを制した。

    オリンピックでは、メディアに過度な期待をかけられたり試合以外のことを騒がれて精神的に萎縮してしまう選手もいるけれど、そんな中でも自分軸を保って力を出し切る選手もいる。勝敗そのものよりも、戦い終わった後の、やりきった顔が美しい。

    写真:時事通信



    TOMOMI SATO
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.au

    スポンサーリンク
  • 人生,  社会

    若い人の「底力」。

    スポンサーリンク

    オリンピック体操競技で橋本大輝選手が金メダルを獲った。
    橋本選手の演技はSNSで見た。スポーツ選手は、全力を出し切るために切迫した表情をするものだと思っていたけど、橋本選手は、飄々と演技をこなす爽やかなイケメンという印象だった。
    表彰台に昇った彼は、努力の果ての勝利という感慨深さよりも、19歳の若いエネルギーを出しきった爽快感に満ちあふれていた。報道陣の前で無邪気な笑みを浮かべ、ガッツポーズをした。

    私だったら、あのような場では、素直に感情を出せないと思う。報道関係者や応援をしてくださった人にきちんと対応しようとしてしまうだろう。だから橋本選手の、素直な喜びの表現を見た時は、清らかに輝く泉の水をもらったような気がした。

    今年のオリンピックは10代の活躍が目立つ。大舞台に上がっても物怖じしない勝負強さは、今までの日本人にはなかったものだ。彼らの根底には、中高年世代の理解を超えた価値基準があるのかもしれない。

    古い世代は、得体の知れない底力を持った若い世代に期待と脅威を抱くかもしれない。でも彼らの性質は、私たちの世代が育てて来たものだ。彼らは大人世代の良い面も悪い面を吸収して、最も生きやすい道をつくり上げていく。だから腹を据えて、穏やかに、見守っていこう。

    (c)Lionel BONAVENTURE / AFP




    この混じり気のない笑顔、本当に好き。

    TOMOMI SATO
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク