• 来訪者
    人生,  思い出,  日常

    ポロンの思い出。

    スポンサーリンク

    5年ほど前まで、ポロンというネザーランドドワーフの女の子が我が家にいて、10年間私の仕事部屋に住んでいた。10年も一緒にいるとウサギというより、顔見るだけで何を考えているかわかってしまう姉妹のようだった。
    1日1回はゲージから出して、家の中を自由に遊ばせる。ポロンは狭いところが好きで、娘の机の下とか、私のパソコンデスクの横の作業台の下などにちょこんと座っていることが多かった。そしてお腹が空くと、私の足をツンツンと鼻で突いてみたりする。

    ポロンは本当に感情豊かなウサギだった。ウサギはあまり声を出さないものだが、ワクワクしているときや、怒っている時は、すぐにぶうぶういうので、「こいつ自然界に行ったら、すぐに猛禽類に喰われるだろうなあ」なんて家族で話していた。
    健康診断の時、診察台の上で足ダン(相手を威嚇するときにする行動)して、動物病院の医者に「普通、診察台に乗ると、ウサギは緊張して動かないもんですがね、こんなに気の強い子は初めてだ」なんて言われたこともある。

    でもポロンは優しい女の子だ。私が悲しんでいたり悩んでいるとき、彼女はいつも寄り添ってくれていた。
    深夜に仕事部屋に入ると、ゲージでねそべっていたポロンは上半身を起こして、私をみた。その時の水晶のように澄んだ目が忘れられない。

    ポロンは、毎日人間の生活を見ながらいろんなことを考えているんだろうなあ。言葉が話せたらいいのに、と思ったことがあったけど、言葉が話せないからわかることも多いような気がした。
    ポロンは2016年に他界したけれど、今も1日何度か思い出す。ポロンを抱っこした時の温度とか毛皮の匂い。それらの思い出は今も私を癒してくれる。

    佐藤智実 来訪者 2013


    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • 来訪者
    ギャラリー,  美術

    来訪者

    スポンサーリンク

    兎の寿命は、だいたい7〜8年と言われています。当時はもう7歳で、何が起きてもおかしくない年齢だったので、肖像画を残しておこうと思って描いたもの。

    夕方になると、ポロンはゲージから出て、家の中のお散歩タイムになります。ソファの下、机の下、タンスの影、狭いところに入って、身を休めています。そんなポロンが、私と娘のいる部屋に、そっと入ってくることがありました。「どうしているかな」と気になったのでしょうか、襖の陰から、顔だけを出し、そろりと、前足を出して、恐る恐る入ってきます。

    ポロンは子供の頃から、駆け寄ってきて縋り付くということはしませんでした。ただ、こちらがじっと見つめていると、恐る恐る寄ってきて、鼻をこすり付けたり、頭を突き出したりします。兎なりの親愛の表現なのです。2016年の9月に永眠しましたが、生涯を通じて、慎ましく、聡明な兎でした。

    来訪者 24.9×24.7cm 色鉛筆・CG/版画紙 2013


    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • 樹海
    ギャラリー,  美術

    樹海

    スポンサーリンク

    2002年秋、屋久島へ一人旅をしました。 豪雨と晴天がひっきりなしに訪れる白谷雲水峡では、樹齢何千年にも及ぶ巨木たちが、ほかの木々に執拗に絡まれながら、覆い茂る暗い樹海の隙間を必死で目指しているようでした。このすさまじい生存競争が太古の昔から続けられてきたのだから、生命の力とはすごいものです。しかし空気は温かく、巨木の下で成長を阻まれた小さな木々や草花たちの息吹に包まれていると、まるで胎内にいるような安らかな気持ちになりました。



    樹海 412×291mm 色鉛筆・アクリル絵の具・CG 2005 購入はこちら→

    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp 

    スポンサーリンク