• アート生活,  人生,  思い出

    水沢さんの思い出。

    スポンサーリンク

    詩集の出版の機会を私に与えてくださったのは、出版社健友館の社長で編集者の水沢渓さんだ。水沢さんは、あの不祥事で倒産した山一証券社員と病院長のキャリアを経て、ジャーナリスト、作家としても活躍していた。主に政治や金融、健康に関する著作や、お酒の紹介本も多数ある。
    水沢さんは、私の詩にとても共感してくださり、宣伝販売活動にも力を入れてくださった。また作家として私との出会いをとても喜んでくださり、お酒の美味しいレストランへ行っては、文学や社会情勢、政治について考えを交換した。
    私と水沢さんは歳が33も離れていた。水沢さんは私に「あなたは俺よりもずっと才能があるよ」といっていたけれど、文学や社会についての考えは私の何倍も深く、社会へ発信していく情熱は、私の何倍も強かった。そんな人が、私の詩の何に惹かれたのだろう、と不思議だった。
    私はこの詩集で、多くの人と知り合えた。のちに文学学校で出会う小説家や、その門下生たち、デザインの仕事で関わることになる人たちも、この詩集で繋がった。詩集を出版したときは、私を知ってほしいとか、私を受容して欲しい気持ちでいっぱいだったけど、実際の交流はそんなに容易いものではなかった。特に文学を志す人たちは、彼らの考えを容赦無くぶつけて来て、私は怒ったり傷ついたりの連続だった。文学の領域を超えて、私に深く共感してくださった人は、水沢さんくらいだった。
    共感してもらえるって、ありがたいことだ。水沢さんは文学だけでなく、私を人間としても認めてくださったのだ。なのに私は、自分を高めることばかり考えていて、水沢さんの厚意をきちんと受け取ることができなかった。
    水沢さんは2009年に膵臓癌で他界した。お礼を言いたくても言うことができない。大事なお神酒を零してまったような後悔が今もある。あの時、心から感謝することができていたら、後に私が出ていく「創作の戦地」で強くなれたのになあと思う。



    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • アート生活,  人生,  思い出

    執筆活動

    スポンサーリンク

    詩集の出版をして、言葉の威力を知った私は、もっと自分のことを伝えたいという気持ちに駆られ、HPでエッセイや、小説を書き始めた。好き勝手に書くことだけでは飽きたらなくなって、プロの小説家が教える小説学校へ通い始めた。
    小説家は、何でもストレートに書き綴る私に対して親身であり威圧的だった。言葉は使い方次第で薬にも刃にもなるからだろう。意欲的に作品を持ち込んだが、彼らは私の文章から浅ましさや未熟さ、欲望を見抜いて、容赦なく指摘した。
    これは私にとって衝撃だった。学生時代に描いていたあの、皆に気味悪がられた作品を思い出した。もう一度そこへ戻って、自分自身を見つめ直さなくてはならなかった。
    でも、なかなかうまくいかなかった。私は20歳の頃の純粋な感覚を失っていた。
    多分、10年間で、私は汚れたのだと思う。20歳の私は自分を受け入れてくれる場所を必死で探していた。同時に否定されることをひどく恐れていた。自身の心と体の結合のために神経を研ぎ澄ませ、人や社会の美醜を鋭く嗅ぎ取っていた。大学を出てからは、社会に適応するために自分を抑圧し、生きるための知識や経験を身につけることに必死だった。そして自分を傷つけるような刺激から身を守るようになっていた。
    心を守るようになったら、人や世界とつながる瞬間の美と感動を体験することはできない。芸術に携わる者にとっては致命的だ。
    私は「大人」であろうとして鎧をいくつも纏っていた。そして本当の感動から逃げていた。そんな私を、小説家たちは、嘲笑と失望の目で見ていた。


    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • アート生活,  人生,  思い出

    フリーランス、そして詩集出版。

    スポンサーリンク

    30歳手前でフリーランスになった。「縛られた人生はもう終わり。これからは、自分の力で自由に生きていく」そう決意した時、抑圧されていた創造力が一気に溢れてきた。
    白状するが、中学3年くらいから、日常で感じたことを詩にしてノートに書き溜めていた。学生時代、会社員時代に遭遇したいろんな出来事、ライフステージで起こった事、大きく揺れる感情をできるだけ冷静に見つめて記録することで、次の一歩の手がかりとしてきたが、フリーになった時、この活動に一区切りがついた気がした。
    40冊以上の大学ノートに書いた、たくさんの詩を厳選して原稿用紙に書き写し、出版社へ持っていった。出版社では好評で、すぐに出版が決まった。「今まで本当によく頑張ってきたね」と、編集者に言われた時、今までの人生がやっと報われた気がして、涙が出てきた。
    ブックデザインも、このタイトルも、帯の文言も(これは夫に書いてもらった)、私の思い入れがとても表れていて、今見ると、めちゃくちゃ恥ずかしい(苦笑)。でも当時は、これまでの人生で掴み取ってきたすべてのことを伝えたい思いでいっぱいだった。(ちなみに、この詩集を読んだ、当時中学1年生の娘に、「なかなか良かったよ」と言われた)この詩集を通じて繋がった人はたくさんいる。誰の借り物でもない自分自身を表出できた初めての作品だった。

    この本は、書店に並んだのだけど、結局売れなくて、残本が大量に戻ってきた。思い入れが大きかっただけに、ショックが大きくて、今の家に引っ越す時に、数冊残して捨ててしまった。でも今読むと、いい本だなあと思う。社会で認められなかった頃の私は、素直な目で物事を見ていた。出版社の人が「この本は人を感動させると思うよ」といった意味が、今になって理解できた。
    ものの価値は、売上では決まらない。売れなかったからって、価値がない作品とは言えない。今大ヒット作の作品も、数年後に顧みられなくなることもあるし、無名の作品も、作者の没後に評価されたりする。お腹がすいて食べた飯は数時間経てば腹の中で消えるのと同じように、腹を満たすためだけに作ったものもすぐに消えていく。
    大切なのは、作られた物に込められた思いだ。そしてもっと大切なのは、その時心を込めて作った自分を決して蔑ろにしないことだ。
    過去と現在、未来はつながっている。力強く生きてきた自分に感謝して、この創造力を、未来の、最後の瞬間までつなげていきたい。


    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク