MONTH

2022年8月

  • 2022年8月30日

男女平等って何?

私が美大に行かせてもらった理由は「女性も手に職つけて稼げるようになるため」だった。母は、女性も男性のように稼げなければ対等になれないと思っているようで、私が大人になってからも、ずっと私の収入について言い続けていた。

  • 2022年8月29日

天命を生き抜く。

私の天命って、なんだろう。「美術」とか「創作」以前に、女性として生まれた人生をしなやかに生きることだったのではないか。私にとって芸術は、それらの産物だ。

  • 2022年8月28日

女は頑張ってはいけない。

あの時私は、とても頑張っていた。自分のためにではなく、人のために。そうすることで、愛されたかったし、認められたかった。愛されない現実に直面すると、遠い昔に傷ついた私が出てきて、いちいち泣いていた。

  • 2022年8月27日

画業=母業

改めて、私の財産って何か、と考えた時、やっぱり「作品」だと思う。「絵」「家庭」「子供」。泥まみれになりながら築いたから、美しいものも醜いものも詰まっている。それこそが私の真実なので愛おしい。

  • 2022年8月24日

エゴを手放す。

いつもオレンジや黄色系が出るんだけど、今回は深い青系。BNO.0スピリチュアル・レスキュー、BNO.78クラウン・レスキュー BNO.1フィジカル・レスキュー。終わりや別れを意味する、ちょっとヤバイ色だ。

  • 2022年8月23日

セックスは「セラピー」。

男女100人とセックスしたバイセクシャルの女装家セラピスト、クノタチホさんの「ちょっと大人な恋学×性学研究室」が面白い。私たちの心や生き方と関連づけた、スピリチュアルなものとしてのセックスが語られていた。

  • 2022年8月19日

魂の中心では、嵐が吹き荒れる。

みんなと繋がれたらいいな、みんなと優しくし合えたらいいな、という思いは、小さい時からずっとあった。でもそれは、なかなか叶わない。大人になると、悲しい現実に直面する。

  • 2022年8月18日

フリーセックスについて思うこと。

若い頃よりも、今の方がセックスを楽しめると思うのは、受容力が上がったからだと思う。乳首を吸われたら、20歳の頃よりも数倍感じるし、だから自分のペースでどんどん来る人、優しくない人はお断りなのだ。

  • 2022年8月7日

私を丸ごと委ねる至福。

私の中には、7〜8歳の少女がいる。ストレスが溜まった時にこの少女が来て、私に花をくれる。晴れても曇ってもいない乳白の空と、地平線まで続く青い草原に私はいて、柔らかい風に向かって走り出す時の、吸い込まれるような感覚が好きだ。

  • 2022年8月3日

I am changing

今までの常識がアンインストールされ、新しいアイデアがインストールされ、生き方がバージョンアップされる過程は刺激と興奮に満ちています。

>[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

[Mail Story] アートで窮屈な日常が拓けた未来に変化する〜あなたの「軸」への道標

古い価値観が崩れ、新しい価値観が生まれようとしている現代。変容する社会の中で見えた人間の姿を、アート&ストーリーでお届けします。

CTR IMG