• アート生活,  人生

    近作を額装して、思ったこと。

    スポンサーリンク

    来年イタリアで販売するので、、近作を額装した。これは昨年完成した小品。2022年1月〜12月までの1年間、近作6点が、イタリア、レッチェのPrimo Piano LivinGallery、その他オンラインギャラリーで販売されることになりました。6月の企画展INTRA MUNDIに出品した作品もこちらにて販売中です。後ほど詳しくご案内します。
    https://www.primopianogallery.com

    良い絵と飾れる絵はイコールではないけど、この絵は飾れる。飾れる絵が描けたことに少し安堵する。
    2018年以前に描いた絵は、正直飾れる絵が少なかった。特に2012年から2018年頃までは、地域社会の中で子育てと自分のあり方を模索していたから、テーマもそのようなものになりがちだった。モチーフに念がこもっていて、ギャラリーで展示すれば見応えがあるかもしれないが、部屋に飾ったら落ち着かない人もいるだろうなと思う。
    伝えたいことの全てを作品に投入するのがアーティストの正しいあり方だと思っていた。今もそれは間違っていないと思うけど、当時は完成した時の達成感と同時に、閉塞感も感じていた。

    2019年末にマイアミへ行ってアメリカのアートを見てから、今までやってきたことが古臭く感じて、今後の方向を模索していた。2020年からの1年半は、予期しない出来事によって、自身の価値観に大変動が起きた。
    意識のベクトルが、今までとは別の方向へ移行する時、物凄いエネルギーを消耗する。それを助けるかのように、いろんな人やものとの出会いがあり、新しい道標を示してくれる。人生ってよくできているなあと思う。


    佐藤智美 Pray 2019(2022年1月よりイタリアで販売予定)


    「幸せってなんですか」っていう月並みな言葉は、流行歌の歌詞にもよく出てくるけれど、これについて考える人、迷う人が多いのは、社会の中で生きていると、幸せの価値観って移ろいやすくなるからだと思う。
    せっかく掴んだ幸せも、時が過ぎれば色褪せて、また新しいものが欲しくなる。人間って、ちゃんとした軸を持たなければ、どこまでも欲張りだ。

    だから「美しい」と感じたこの一瞬を、一つ一つ描き残して置いくことは意味があるんじゃないかな。数年して、これらをつなげてみたら、面白いストーリーができるかもしれない。

    佐藤智美 2hearts 2020(2022年1月よりイタリアで販売予定)



    TOMOMI SATO
    ————————————————-
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • アートビジネス,  美術

    発信者は、無限の可能性を持っている。

    スポンサーリンク

    何年か前に、日本のある美術家が「画家は企画画廊からオファーが来て初めてプロと言える」というような話をインタビューで語っていた。その人は圧倒的な写実絵画を描く人で、個展をすれば完売するような人だったけど、企画画廊と契約しない人や、完売しない作家でも、才能がある人がたくさんいると思っていた私は、視点の違いに困惑したものだった。
    当時は自分の納得いく芸術を作りたい思いと、芸術で生計を立てていきたい思いが葛藤して何が正解なのかを定めきれなかった。

    私がプロなのかアマチュアなのか、その境界線はどこなのか、あんまり考えたことがないけど、いい加減な気持ちでは描かないし、今まで描いてきた作品の半分以上は嫁入りしているので、生計を立てられるに至ってはいなくとも、アマチュアではないのかもしれない。
    画廊の人は、マーケティング的な視点で作品と画家の価値を図っている。作品を確実にお金に換えている人は、その部分で割り切りをしているように思う。

    何がプロで何がアマチュアか。それって、画家本人の価値観が決めることだ。生計を立てられないと画家ではないと思っている人は、商業的な路線へ進むだろうし、精神性を追求する人は、型にはめられることを嫌い、創作者(発信者)として生きやすい道を選んでいく。
    私は、死ぬときに「絵を描いてきてよかったな」と思いたいので、そこから外れた生き方はしたくないし、しないだろうと思う。

    そう言えば、Youtubeから米津玄師が出てきたときは、とても衝撃だった。彼は歌と作詞作曲だけでなく、イラスト、動画制作、演出と一人5役こなしてしまう(本人は人と協調して作るのが苦手だから一人で作ってきたという)。この型破りなスタイルで達成した偉業は、芸術後進国の日本に、とてつもない可能性を掲げたのではないか。

    私は美術大学を出てデザインと絵画の制作をやってきたけれど、文章を書くのも心理学を学ぶのも好きだ。発信、発表のスタイルは、画廊で展示することだけではない。人の心に届くことができれば、なんだっていいと思う。自分のできることを組み合わせて、面白いことができるんじゃないかなって。こんなふうに自由に考えられる私は多分、幸せ者だ。

    米津玄師「春雷」Youtubeより

    TOMOMI SATO
    ————————————————-
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • インターネットビジネス,  仕事

    デジタルコラージュ作品講座、始めます。

    スポンサーリンク

    この度、一般社団法人日本アーティスト協会の運営する「大人の美術教室」でデジタルコラージュ作品講座を開講することになりました。オンラインスキル講座となっていますが、本講座は、「上手く描く」ことよりも、「何を伝えるか」に焦点を当て、デジタルアートの制作を通じて「内なる自分」を知っていくことを目的としています。もちろんPhotoshopの操作技術もつきますので、Photoshopを楽しく使えるようになりたい人も大歓迎です。

    Adobe Photoshop、ペンタブレット、スキャナーをお持ちの方が対象となります。
    (Adobe Photoshopは趣味程度のスキルで可)
    ・Adobe Photoshopは、Adobe公式サイトで購入できます。Photoプランがお得です。

    下記のサイトより詳細を確認し、お申し込みください。

    デジタルアート作品の制作工程につきましては、公式サイトのWork Processでも紹介しています。

    TOMOMI SATO
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク