• メンタリストのDaiGo
    人生,  社会

    DaiGoさんの謝罪を見て、思ったこと。

    スポンサーリンク

    メンタリストのDaiGoさんが、Youtubeでホームレスに対する差別発言をしてしまったことについて、8/13夜に謝罪動画がアップされていた。

    ———-僕も無知だと思ったのが、ホームレス・生活保護になった人たちが、なぜその選択肢を選んだのかを、知らないで批判したのがよくないなと思っていて。これだけたくさんの本を読んでも、そういう知識からは得られないことに対しての、無知が招いた失態だと思っていて。

    ——–これで謝罪して活動自粛するのでもいいんですけど、それよりかはちゃんと勉強して、プロの人に聞いてみようかなと思いまして。とにかく正確な知識を現場に行って知ること、そして30年そういう人たちを見てきたプロにちゃんと聞いて勉強するのが重要だなと。ただ謝って、かたちだけで終了するのはよくないと思ったので。

    この謝罪については今も色々言われているが、この動画の最後にDaiGoさんが言った言葉が気になった。

    ———僕は人に助けられたことがないんでね。人よりも猫が好きなんですよ。今後は僕が稼いだお金を猫の殺処分救出団体に寄付していきたい。

    DaiGoさんの番組は、よく見ていた。確かに独善的なときもあるけれど、彼の衣着せぬものの言い方が、生活に新しい地平を拓くこともあったし、とても役に立つので好きだった。

    ただ、「人に助けられたことがない」と断言してしまうのは、過去に受けた人間関係の傷が癒えていないのではないかと思う。傷を抱えていると、人に対して素直に心を開くことができないので、人への感受性が鈍ってしまう。
    とても頭が良く理論的な人なので、経験の中で起きた感情を探って見つめ直すよりも、知識を社会へ発進することに労力を使ってしまい、肝心の傷の回復が疎かになってしまっているのかなと思う。

    Youtubeで言うことではなかったが、DaiGoさんにとって、人より猫の方が価値があるというのは多分本心だ。人間に価値(というか美)を感じなかった人はこれまでもいた。(田中一村も人間は描かず自然ばかり描いていたし)。
    どんな価値観を持つかは人それぞれだ。誰しも、愛を多くもらったものの方に価値を感じるものだから。人よりも猫が好きなら、猫のためにお金を使う方がいいし、彼の人生も充実するだろう。これこそが価値のあるお金の使い方だと思った。

    —————————-

    今日の夕方、DaiGoさんは昨日の謝罪動画を撤回して、新たな謝罪動画をアップした。医療費を充分に払うことができずに亡くなった母のこと、自身が子供の頃にいじめを受けたことに触れ、もし母親が生活保護を受けていたらどうだっただろう、子供の頃言われて傷ついたことと同じことをしてしまったと、自身の心情を述べ深く反省していた。


    写真:毎日新聞より

    TOMOMI SATO
    ————————————————-
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp


    スポンサーリンク
  • インターネットビジネス,  仕事,  社会

    ブルーオーシャンを狙え。

    スポンサーリンク

    随分いろんな展覧会に出てきた。どのジャンルにも属さないデジタルアートで、日本のデザインフェスタから始まり、銀座の画廊、美術館、海外展へと、真っ直ぐな道ではなかったけど、いろんな人に導かれて経験を積んだ。

    海外の展覧会は本当に勉強になる。作家の表現が自由だからだ。なんだか相変わらずデジタルで描いてプリントして展示するってのも陳腐な気がしてきた。
    じゃあデジタルやめて、アナログで描けば?という意見が飛んできそうだが、展覧会ってスタイルも、コロナ禍で変化してきている。コンペもオンライン上で行われ、ヴァーチャル展覧会が開かれる。3Dギャラリーに貼りつけられた絵を見ていると、日本画も油絵もデジタルアートもさほど変わらない。

    せっかく色々考えてデジタルで描いているんだから、それを活かすような発表方法はないかなと考えたときに、「ブルーオーシャンを狙え」というYoutuberの言葉が頭を過ぎった。
    つまり、「ライバルのいない分野の先駆者になれ」ということだ。
    私が油絵などのアナログ手法をやらない理由は、大勢のライバルがいる「レッドオーシャン」で戦っても突き抜けるのは難しいからだ。努力をしたところで、のぞむ結果が出るとは限らないし、そんなことにかける労力があるなら、もっと有意義なことに使いたい。

    Youtubeを見ていたら、インターネットビジネスで月1000万以上稼いでいるアフリエイターが面白いことを言っていた。
    「サイトアフリエイトをやるのに、使ったこともない商品のリサーチを一生懸命している人がいますけど、それって人生の無駄じゃありませんか?自分の経験値が高いことをやったほうが圧倒的に有利ですよ」

    「経験値の高い=1年以上夢中になって取り組んだこと」だ。

    絵を描くのは好きだが、こんなふうに日々考えたことをブログで綴るのも楽しい。本を読んだり、物語を考えたりするのも好きで、絵の中にもストーリーを作っている。でも矩形の中に入れてしまうとせっかくのストーリーがちんまり見えてしまうのはなぜだろう。


    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • スピリチュアル,  心理学

    「眠り」と「目醒め」

    スポンサーリンク

    Youtubeでスピリチュアルカウンセラー並木良和さんの話を聞いていた。アセンションとかゲートとか、眠りとか、目醒めとか、独自用語がたくさん出てきて、今まで胡散臭い感じがしてたけど、今日は少し理解できた気がする。

    今は多くの人に価値観の転換が起きていて、アセンションに出会って「目醒める」人と、今まで通り「眠り」を選ぶ人に分かれていくらしい。今年の12月21日(ゲートが閉じる日)には、両者は全く離れていくことになる、ということだ。

    「眠り」とは、他人軸で生きること。人から何かもらうことで幸せとか不幸を感じること。不安や恐れから、他者と批判したり優劣をつけたりして、ドラマチックな日常を送ること。これに対して、「目醒め」とは、自分軸で生きること。周りから感じる不快や、不安、恐れに対し、自分の中の何が反応しているのかを見つめ、手放していくことで、真の幸福に気づいていくこと。

    アセンションの話は奥が深かった。一言で言うなら、「自分の中から幸福を引き出していく力」ということかな。今ちょうど宇宙(並木さんがいうには)からアセンションの招待が来ていて、多くの人が霊的に目醒め始めているらしい。
    「眠り」の中にいたら、アセンションに出会うことはないという。そういう意味で、12月21日を境に両者の関わりがなくなっていくという話だ。

    これはなんとなく私も感じていたことだった。
    これからの時代は、愛を「与える人」と「奪う人」に分かれていく。
    両者が一緒にいると、一方は疲労し、一方は退屈する。だから、互いに係りをもたなくなるだろう。

    私は周囲で子供や家族の話ばかりする人や、愚痴をこぼしている人、人の顔色を見て行動や態度を変える人に違和感を持っていた。他人軸の人と一緒にいると、相手を幸せにするために自分を犠牲にしなくてはならない。これは私にはすごい圧力だったし、疲労した。でも、違和感のあるものからは、離れていいのだ。
    今年になってから、負担になるものを一つずつ手放してきた。まだ不安を感じているのは、古い先入観が残っているからだろう。このまま進んで少しずつクリアにしていけたらいいなと思う。


    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク