fbpx

絵をバンバン売る

とある画家さんの「絵がバンバン売れる方法」という動画を見ていた。
収入の主軸がオンライン教室で、生徒さんから作品購入があったり絵の依頼があったりということで売上を立てているらしい。
そのやり方で成功した人も紹介されていて「こんな私でも…」という話を聞いていると、ひと昔前に流行っていた、「インターネットで年商○億稼ぐ」を謳い文句にした商法を思い出した。あの人たちはその後どうなったのだろう。

確かにインターネットが普及して今までできなかったことができるようになった。でも私はこういう人たちの絵を買いたいと思わない。一般に受けするような、飾りやすい絵ではあるけれど、魅力を感じない。でもバンバン売れるようにすると、そういうふうになるんだろうな。

私は頑固なのかもしれない。でも自分の感覚しか信じられない。世の中には不条理があり、障害となって立ちはだかるけれど、そんな中でも自分の軸は失わずに、社会との接点を探ることだ。

とりあえず、今あるアイデアを全て形にしよう。近いうちに個展をしたい。目の前のものから片付けよう。



画家が絵を描く時に拘っていることと、買い手が絵を買う時に考えていることには、多少ズレがある。
画家が絵に込める想いがストレートに伝わることもあるが、ほとんどの場合は、この絵の色が好き、とか構図が好き、とか、部屋に合いそう、という理由で買っている。

それでもいいんじゃないかなあ。喜ばれているなら。制作側はどうしても自分の思いに囚われがちだけど、何事も、推しつけは良くないよね。

その画家のファンで、毎回買ってくれるお客さんでない限りは、「買いたい絵」のイメージがあらかじめある場合が多い。例えば、結婚出産、独立開業、新築祝、どこに飾るか、誰に贈るか、とか。

自分の持ち味に、その部分を加味して制作するくらいの柔軟性があってもいいよね。


言葉とアートで人生をブレイクスルーするフリーランス画家 佐藤智美」メルマガ登録はこちら

【TOMOMI SATOS ART WORKS】https://www.ts-artworks.com
【TOMOMI SATOS ART】https://artworks2017.thebase.in
【TOMOMI SATOS ART BLOG】https://tomomiart.tokyo

スポンサーリンク

 

最新情報をチェックしよう!
>言葉とアートで人生をブレイクスルーする フリーランス画家 佐藤智美

言葉とアートで人生をブレイクスルーする フリーランス画家 佐藤智美

幸福と不幸が簡単に裏返る時代に、
どのような視点に立てば
快適に生きられるのかを探求しています。

決して消されない私たちの「道標」を一緒に探してみませんか?

CTR IMG
Verified by MonsterInsights