「キーワード」から導き出した大衆心理。

ASPの広告記事を書くのに、興味のある分野がいいと思うのだが、成功者の話によると、ブルーオーシャンのニッチなキーワードを狙っていくのがいいらしい。何がブルーオーシャンで何がニッチなのかわからないので、Googleのキーワードプランナーを使ってみる。GoogleAdsのアカウントを持っている人は無料で使える便利なマーケティングツールだ。

まずは、自身がよく検索するキーワードとして「英会話」と入力してみた。1ヶ月の検索回数が1196件とまあまあのボリューム。キーワード候補に「オンライン」「安い」「子供」「高校生」などがあることから、レッスン料金や、子供の受験対策に悩みのある人が多いのだろう。
思いつくキーワードを入れて検索ボリュームを調べているうちに、私が今打ち込んでいる分野について調べてみたくなった。

「現代アート」。1ヶ月の検索回数は1万〜10万。世間の現代アートの関心は高いようだ。
キーワード候補として、有名アーティストの名前や、ジャンル、モチーフ、価格などが多い。有名な作家の作品を買って飾りたい人が多いってことだろう。

「現代アートとは」「コンテンポラリーアートとは」のキーワードからは、現代アートを知りたい人たちの存在も見えてきた。高額は出せないけど、自分の好きなアートを見つけ楽しみたい、とか。ちなみに「デジタルアート」はブルーオーシャンでニッチな分野だ。しかし買うより作りたい人が多いのかもしれない。

次に「心理カウンセリング」。これも結構ボリュームが大きい。心理カウンセリングを受けるより、なりたい人が多いようだ。治療法や病名などのキーワードも多く、心理学の知識があっても実際の心の扱い方に困って調べている様子も窺える。

キーワードから導き出された大衆心理を検証しているうちに、今私がやっている二つの分野のどちらも既成の道では成功しにくい現実が見えてきた。「買いたいより作りたい」「カウンセラーにかかるより、なりたい」という人が多いということは、この二つを教養として人生や生活にとり入れたい人が多いのかもしれない。



TOMOMI SATO
————————————————-
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク