DAY

2021年7月12日

  • 2021年7月12日

Kitchen

私が台所に立つと、3歳の娘が好奇心に目を輝かせながらやってきます。誰も何も言わないのに、きりりとエプロンを締めて私の横に立っているのです。

  • 2021年7月12日

樹海

2002年秋、屋久島へ一人旅をしました。 豪雨と晴天がひっきりなしに訪れる白谷雲水峡では、樹齢何千年にも及ぶ巨木たちが、ほかの木々に執拗に絡まれながら、覆い茂る暗い樹海の隙間を必死で目指しているようでした。

  • 2021年7月12日

祝宴

満開の桜は本当に魅力的です。限りなく白に近い花びらのうす桃色と太い幹の堅牢な焦茶は、日本古来の優雅な配色です。

  • 2021年7月12日

初夏、柔らかい土に芽吹いて、かわいいハート形の双葉から蔓が伸び、葉は青みを増して、絡み合いながら蕾を付ける朝顔。大輪に咲く花もあれば、葉や他の花の陰になって歪んでしまう花もあります。そして最期は皆、萎んで茶色くなります。

  • 2021年7月12日

街の灯

20代の頃の私は広告制作会社に勤めていて、帰宅はいつも深夜でした。 最終電車に乗り、約1時間程で着くホームタウンの駅から、自宅までの約20分間の夜道を、両親はいつも心配していましたが、私はこの夜道を歩くのが好きでした。

  • 2021年7月12日

通学路

小学校3年の時、福岡に住んでいました。田舎だったので、家から学校まで、子供の足で約30分もかかりました。

  • 2021年7月12日

黄金樹

4、5歳の頃、肌寒い晩秋の朝でした。「遊んでくる」といって、私は一人で家を出ました。毛糸の手袋の上から息を吐きかけながら、雨上がりのぬかるんだ道をとぼとぼ歩いて、見上げると、大きなイチョウの木が立っていました。

  • 2021年7月12日

雪の夜

新しい生活のはじまりに胸をふくらませながら凍てついた夜道を歩くと、空から降る冷たい雪がみるみると道を白くしていきました。

  • 2021年7月12日

六月の午後

現代では、子殺し、親殺し、幼児虐待など、家族が犠牲になる恐ろしい事件が多発していますが、こんな優しい光景もまだまだ残っているのだと思いながら描きました。

  • 2021年7月12日

赤い風船

私は14階建てマンションの12階に住んでいます。快晴の日はスカイブルーと白灰の力強いコントラストを見せ、私たちが今、少しずつ洗練され進化しつつある現代に生きていることを感じさせてくれます。

>9:00p.m.~Digital Art Making by TOMOMI SATO

9:00p.m.~Digital Art Making by TOMOMI SATO

デジタルアート9:00p.m. メイキング動画です。

CTR IMG