TAG

幸福

  • 2022年11月20日

欲望の出処。

20歳の頃は食に全く興味がなかった。それが変わってきたのは夫と付き合いだした頃で、グルメな夫に色んな店に連れていかれるようになってから、美味しいものとおしゃれな店を追求するようになった。

  • 2022年11月15日

言葉が「人」を作る。

若い時はネガティブ思考で、ずいぶん損をしたなあと思う。ちゃんと愛されていたのに、評価されていたのに、それを信じられなくて、周囲と距離を取りすぎて上手くいかなくなってしまったことのなんと多いことか。

  • 2022年9月3日

守りの人生、攻めの人生。

年金という言葉が身近になって、将来のために貯金をしようという話が、どこの家でも出ているのだけど、何が起きるか分からない先々のために、お金にしがみついて生きる日々ってどうなんだろう。

  • 2022年8月27日

画業=母業

改めて、私の財産って何か、と考えた時、やっぱり「作品」だと思う。「絵」「家庭」「子供」。泥まみれになりながら築いたから、美しいものも醜いものも詰まっている。それこそが私の真実なので愛おしい。

  • 2022年8月23日

セックスは「セラピー」。

男女100人とセックスしたバイセクシャルの女装家セラピスト、クノタチホさんの「ちょっと大人な恋学×性学研究室」が面白い。私たちの心や生き方と関連づけた、スピリチュアルなものとしてのセックスが語られていた。

  • 2022年8月7日

私を丸ごと委ねる至福。

私の中には、7〜8歳の少女がいる。ストレスが溜まった時にこの少女が来て、私に花をくれる。晴れても曇ってもいない乳白の空と、地平線まで続く青い草原に私はいて、柔らかい風に向かって走り出す時の、吸い込まれるような感覚が好きだ。

  • 2022年7月28日

人生で、本当に育むべき資産とは。

私はどんな晩年を過ごすのだろうか。どんな死を迎えるのか考えると、真っ先に田中一村が浮かぶ。中央画壇に認められず、晩年は世捨て人のように奄美大島に移り住み、69歳で亡くなるまで自然を描くことに没頭した日本画家だ。

  • 2022年7月22日

どのように「最後」を迎えるか。

隣に一人で住んでいた高齢の男性 Nさんが亡くなった。90歳だった。ご家族は「最後まで一人でいたい」というNさんを尊重していたという。報告を聞いた時、私は不思議と静かな気持ちになった。ああ、無事に天国へ行けたんだなあって。

  • 2022年6月6日

「こだわり」から抜け出すために。

心の空虚に何かがスポンとハマって、魂ごと持っていかれてしまうようなことって、よくあるんだよね。人間の意識は恐ろしいもので、空虚や不安を見続けていると、それが前提の人生になってしまうのだ。

>9:00p.m.~Digital Art Making by TOMOMI SATO

9:00p.m.~Digital Art Making by TOMOMI SATO

デジタルアート9:00p.m. メイキング動画です。

CTR IMG