• 佐藤智美デッサン
    人生,  美大受験

    二人の指導者

    スポンサーリンク

    予備校の受験対策で描いたデッサン。今見ると、迷いがある(笑)。出された課題に対して、ストライクゾーンがわかっていない。思いついたことを精一杯やっているといった感じ。

    私が入学した高校の美術科クラスでは早くから美大受験のガイダンスが行われた。美術教諭N先生は、実家が美大受験予備校を経営していたので、現役の高校生が美術大学に合格することの難しさと、現役で合格するための最低ラインを知っていた。とにかく基本をマスターすること。形と質感をしっかりと捉えること。私はそのラインを越えるために頑張った。しかし高校生の中で描いていても成長しないので、途中から美大受験予備校に通い出した。そして芸大出身の現役画家のO先生に出会う。

    O先生は基本に忠実な私の絵を快く思っていなかった。独特の感性で構図やフォルムを捉える生徒の作品を評価し、私の絵を「幼稚」と批評した。
    O先生は、美大入学後の多くの学生が方向を見失い、制作を続けられなくなることを知っていた。だから美術の入門時に美術的思考の間口を広く教えようとしていた。でもその間口は広すぎて、私にはなかなか理解できなかった。
    N先生は、「芸術なんて2〜3年勉強しただけで分かるものじゃない。生涯かけて理解していくものだ。多浪すると大学に入りにくくなるから、現役で入ってしまった方がいい」と私を説得した。
    私はどちらに従っていいのかわからず混乱した。結局O先生の指導にはついていけず、必然的にN先生の指導に従うことになり、現役で美大に合格した。

    入学後、私は表現に行き詰まって、自分探しのために美術とは関係ない勉強に勤しむことになった。
    一方、O先生に評価されていた人は、独特の感性をもって熱心に作品制作に取り組んでいても、大学受験に失敗し続け、意欲を失ってしまった人もいる。

    当時を振り返ると、いろんな思いがこみ上げてくる。
    二人の講師の指導は、二人の人生観、芸術観だったのではないだろうか。まだ真っ白な私に対して、全力でぶつかり導こうとしてくれた。N先生は、私に美術大学への門を開けてくれた。高校生の時には理解できなかったO先生の言葉も、今は芸術として作品を成長させるための道標になっている。だから私は、これまで意欲を失うことなく、創作を続けてこれたのだ。

    現在、N先生は美大受験予備校を経営し、毎年多数の合格者を輩出している。O先生は日本画壇の重鎮となり、今も熱心に制作発表を続けている。

    佐藤智美 構成デッサン 1988


    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • エゴン・シーレ
    人生,  美大受験

    デッサンの目的

    スポンサーリンク

    私が通っていた予備校は、他の美大受験予備校と違って、志望校に合わせた指導はしていなかった。主任の講師が芸大出身で活躍している画家であったこともあり、合格する絵よりも、合格後に制作を続けられる絵をめざしていた。
    人物デッサンを学ぶ時に、エゴン・シーレの作品がよくとりあげられていたが、シーレの人物像は、骨筋皮が強調されていて、私にはグロテスクに思えた。当時、基本のデッサンもできていなかった私には、普通に人として見える絵の方がよかった。
    シーレが、なぜこのような表現になったのか。理解できるようになったのは、それから30年も後のことだ。
    シーレが描こうとした肉体的感覚。痛烈な感情や欲望の表現を突き詰めて、このような人体表現にたどり着いたことは、彼の持っていた感情を私も体験したから、分かるようになった。

    高校生当時、シーレと似たような感覚を持っていた人がいた。一つ歳上の先輩で、美術大学に受け入れられやすい写実表現ではなかったが、独特な筆遣いや色彩感覚を持っていた。予備校の先生たちは彼女の作風をとても気に入っていて、私はますます高校の先生のいう「合格する絵」と予備校の先生が目指す「芸術として良い絵」の違いで混乱した。

    自分の感覚って何なのか。一度基礎を学んでしまうと、そこから遠く離れてしまう気がする。画家がクロッキーやデッサンを鍛錬するのは、感情や感覚を的確に表現する線を探すためだ。この目的が分かっていないと、基礎的な技術から抜け出て自分のスタイルを確立するときに、方向がわからず、迷走してしまう。

    エゴン・シーレ《自画像》1911


    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク
  • 人生,  美大受験

    美大受験の現実。

    スポンサーリンク

    才能って何?

    美術科のクラスに入ったものの、芸術について考えたことがなかったが、大学に受からなければなかったので、高校2年生から石膏デッサンを始めた。絵は上手く描けた方がいい。その絵が芸術としてどうかというより、上手く描けた方がストレスにならない。なぜなら人から評価されやすいからだ。若い時は、とにかくそんなふうに考える。
    しかし、うまく描けなかった。上手く描ける人がいると、途方もなく嫉妬して落ち込んだ。
    「先生、私は才能あるのでしょうか」高校の美術の先生に質問したら、こんな言葉が返って来た。「そういう質問って、病人が医者に『私は明日死にますか』と聞いているようなもんだぞ」

    先生はさらに言った。「誰にでも個性があるように、誰にでも才能の「かけら」がある。かけらだよ。ちっぽけな。それを努力で磨いていって、誰もが認めるような『才能』になるんだ」
    当時、私は、先生の言葉の意味がよくわからなかった。しかし、今の目的に向かわなくてはならなかった。
    高校の美術科で教わるのは基本的なデッサンだったので、美術大学の受験をするなら戦略的な指導をする美大予備校へ行くことを勧められた。

    志望校合格のための戦略

    予備校には何年も浪人しているめちゃくちゃ上手い人がいた。その人たちがなぜ大学に入れないのか不思議だった。後で分かったが、予備校は受験対策として、志望大学の傾向にあった絵を描くように指導する。頭の柔軟な現役高校生は、受験対策に素直に従うが、熟練しプライドもある浪人生は、私立大学の受験対策は無視して、自身の画風で芸大に挑む人も多かった。
    確かに私がムサビに入った当時、一番多かったのは1浪だった。何年も浪人すると私大受験は不利なようだ。

    もしあの時、芸術や個性がなんたるかがわかっていたら、私は美大受験にあれだけ力を注げなかったと思う。芸術が個性の結晶だとしたら、受験生の絵は美術大学の嗜好品だ。だけど戦略に従った人が大学の肩書を手に入れ、学生生活を謳歌できるのが現実だった(真剣に制作するか否かは別として)。
    美大予備校の広告で「〇〇大学〇〇名合格」のキャッチコピーの元に、似たようなデッサンが羅列されているのを見ると、今も、背筋が寒くなる。「絶対現役で合格」なんて無謀な賭けをよくしていたものだなと思う。個性も才能もわからないまま、他人の好みに合わせることに命を賭けて、不合格だったら自殺してたんじゃないか。

    「発信し続ける」ということ。

    技術的な鍛錬。これは登竜門でしかない。
    世界的に活動しているアーティストは、美術大学を出ていない人もいる。独学で勉強して、アートを社会に発信している。彼らは自身に才能があると思っていない。「とにかく発信し続けて、認められるのは自身が死んだ後だ」という。
    高校2年の時に先生から聞いた言葉と、今活躍している現代アーティストの言葉は、確かにリンクしている。自身が何者であるかを問い続けることが技術の熟練につながり、社会に発信し続けることが、才能を磨いていくことになるのだ。


    TOMOMI SATO’S ART WORKS
    【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
    【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
    【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
    【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
    【Blog】https://tomomiart.tokyo
    【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

    スポンサーリンク