「お洒落」な生活。

小学校時代は、母に連れられていろんな美術展を見に行った。画集もよく買ってもらっていて、いろんな作家の画集がアトリエ にあった。ロートレックは母が好きで、私が絵を描くのに行き詰まった時に、画集を開いて私に見せてくれた。でも当時私はロートレックの良さがあまりよくわからなかった。
母はロートレックの何が好きだったのだろうか。
ロートレックの絵を一言で言うなら「お洒落」だ。コクのある黒と黄色、貴婦人の曲線美は、賑やかさと渋さが同居していて、当時のパリ市民の活気のある生活を思わせる。19世紀後半に描かれたポスターだが、古さを感じない。母はこんな、洗練された生活に憧れていたのかもしれない。
子供の頃はあまり意識できなかったが、私もロートレックの色使いの影響を受けているようだ。幼少期に見た展覧会のほとんどは印象がないが、潜在意識には刷り込まれているらしい。
ロートレックは、よくポスターを手掛けており、居酒屋の風景や踊り子の肖像などが多く残っている。たまに行くフランス料理店にも飾られているが、ワインと料理の美味しさを際立たせる絵だと思う。

トゥールーズ・ロートレック Divan japonais 1892


TOMOMI SATO’S ART WORKS
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク