二人の指導者

予備校の受験対策で描いたデッサン。今見ると、迷いがある(笑)。出された課題に対して、ストライクゾーンがわかっていない。思いついたことを精一杯やっているといった感じ。

私が入学した高校の美術科クラスでは早くから美大受験のガイダンスが行われた。美術教諭N先生は、実家が美大受験予備校を経営していたので、現役の高校生が美術大学に合格することの難しさと、現役で合格するための最低ラインを知っていた。とにかく基本をマスターすること。形と質感をしっかりと捉えること。私はそのラインを越えるために頑張った。しかし高校生の中で描いていても成長しないので、途中から美大受験予備校に通い出した。そして芸大出身の現役画家のO先生に出会う。

O先生は基本に忠実な私の絵を快く思っていなかった。独特の感性で構図やフォルムを捉える生徒の作品を評価し、私の絵を「幼稚」と批評した。
O先生は、美大入学後の多くの学生が方向を見失い、制作を続けられなくなることを知っていた。だから美術の入門時に美術的思考の間口を広く教えようとしていた。でもその間口は広すぎて、私にはなかなか理解できなかった。
N先生は、「芸術なんて2〜3年勉強しただけで分かるものじゃない。生涯かけて理解していくものだ。多浪すると大学に入りにくくなるから、現役で入ってしまった方がいい」と私を説得した。
私はどちらに従っていいのかわからず混乱した。結局O先生の指導にはついていけず、必然的にN先生の指導に従うことになり、現役で美大に合格した。

入学後、私は表現に行き詰まって、自分探しのために美術とは関係ない勉強に勤しむことになった。
一方、O先生に評価されていた人は、独特の感性をもって熱心に作品制作に取り組んでいても、大学受験に失敗し続け、意欲を失ってしまった人もいる。

当時を振り返ると、いろんな思いがこみ上げてくる。
二人の講師の指導は、二人の人生観、芸術観だったのではないだろうか。まだ真っ白な私に対して、全力でぶつかり導こうとしてくれた。N先生は、私に美術大学への門を開けてくれた。高校生の時には理解できなかったO先生の言葉も、今は芸術として作品を成長させるための道標になっている。だから私は、これまで意欲を失うことなく、創作を続けてこれたのだ。

現在、N先生は美大受験予備校を経営し、毎年多数の合格者を輩出している。O先生は日本画壇の重鎮となり、今も熱心に制作発表を続けている。

佐藤智美 構成デッサン 1988


TOMOMI SATO’S ART WORKS
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク

美大受験の最新記事8件