ブルーオーシャンを狙え。

随分いろんな展覧会に出てきた。どのジャンルにも属さないデジタルアートで、日本のデザインフェスタから始まり、銀座の画廊、美術館、海外展へと、真っ直ぐな道ではなかったけど、いろんな人に導かれて経験を積んだ。

海外の展覧会は本当に勉強になる。作家の表現が自由だからだ。なんだか相変わらずデジタルで描いてプリントして展示するってのも陳腐な気がしてきた。
じゃあデジタルやめて、アナログで描けば?という意見が飛んできそうだが、展覧会ってスタイルも、コロナ禍で変化してきている。コンペもオンライン上で行われ、ヴァーチャル展覧会が開かれる。3Dギャラリーに貼りつけられた絵を見ていると、日本画も油絵もデジタルアートもさほど変わらない。

せっかく色々考えてデジタルで描いているんだから、それを活かすような発表方法はないかなと考えたときに、「ブルーオーシャンを狙え」というYoutuberの言葉が頭を過ぎった。
つまり、「ライバルのいない分野の先駆者になれ」ということだ。
私が油絵などのアナログ手法をやらない理由は、大勢のライバルがいる「レッドオーシャン」で戦っても突き抜けるのは難しいからだ。努力をしたところで、のぞむ結果が出るとは限らないし、そんなことにかける労力があるなら、もっと有意義なことに使いたい。

Youtubeを見ていたら、インターネットビジネスで月1000万以上稼いでいるアフリエイターが面白いことを言っていた。
「サイトアフリエイトをやるのに、使ったこともない商品のリサーチを一生懸命している人がいますけど、それって人生の無駄じゃありませんか?自分の経験値が高いことをやったほうが圧倒的に有利ですよ」

「経験値の高い=1年以上夢中になって取り組んだこと」だ。

絵を描くのは好きだが、こんなふうに日々考えたことをブログで綴るのも楽しい。本を読んだり、物語を考えたりするのも好きで、絵の中にもストーリーを作っている。でも矩形の中に入れてしまうとせっかくのストーリーがちんまり見えてしまうのはなぜだろう。


TOMOMI SATO’S ART WORKS
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク