クリムトの女性像

クリムト を知ることになったのは17〜18歳の頃だ。一つの塊になった男女のフォルムと、女の恍惚とした白い顔、肉体の塊から地へ流れていく宝石の様な装飾が印象的だった。結合する瞬間は、こんな風にお互いのエネルギーが混じり合うのだと、私は絵から読みとっていたけれど、美しさと儚さの両方を感じた。そう、どんな形であれ、エロスの融合する瞬間は感動がスパークして輝く。でもこの感動を持続させるのは難しい。
クリムトも生と死をテーマに多くの作品を描いた。赤ん坊から、妖女、老女となる女の生涯や、ユディト像(性的魅力で男を誘惑し男の首を切り落とした女性)など、男性を惑わす女性の魅力と、その儚さを見つめ、エロスの源にある人間の生命力を探った。
クリムトの女性像は華やかで幻想的だ。結合した後でその奥にある残酷さに直面しても、自分を輝かせる存在として信望し続けている。この強烈な女性信望はどこから来るのか。いずれにせよ、信じ続けて夢を見続けることで、永遠の美を見出していくのかもしれない。

グスタヴ・クリムト 接吻 180×180cm 1907-08

TOMOMI SATO’S ART WORKS
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク