女が歳を重ねるとは

横浜そごう美術館では見られなかった、三岸節子が亡くなる前年に描き上げた大作。いつかNHKで放映された特集番組で見た。
「もっともっと深く掘り下げて、根元の自己をつかみだしてもっと根の深い作品を描きたい。広野の一本の大木のように何百年も生き続け生命力が得たい」と語っていた三岸節子の最後の作品は満開の桜だ。
私はこの絵の実物をまだ見たことがないけれど、満開に咲いた桜を、晩年の三岸節子がどう捉えたのかを見た気がして、なんだか興奮した。長いこと芽吹く時を待っていた命の喜びが、爆発する様に咲き乱れたのを感じたからだ。

私は桜が好きだ。毎年春になると、家族と共に桜の木下で弁当を広げるのを楽しみにしている。頭上に広がる桜の花弁の華やかさと優しさは、清々しい自然の美に誘ってくれる。桜が美しいのは、どこか儚げだからだ。3月であれば、まだ風の冷たい日もある。曇り空に溶け入りそうな薄桃色を見ると、しんと心が澄んでいく。それと同時に、ああ、私が死んでいく時、こんな風に空に溶け入るようにあの世へ去っていくのかなあ、なんて、女の命の儚さを思ったりする。

女が歳を重ねるとは、それだけ愛を体験することだ。深い愛、重い感情を知れば知るほど、自分の翼で自由に飛ぶことを忘れていき、散った桜の花びらが川面に運ばれるように、大きな流れに身を任せていく。それが幸せなのか不幸なのかは人それぞれだ。夫との死別、恋人との別れ、男性中心の社会との軋轢に耐えながら、絵を描き続けてきた三岸節子の目指したものは、どんな困難にあっても、揺るがない美を誇る桜のような自己を確立することだったのではないだろうか。
桜が豪華に咲き誇れるのは、それを支える太い根幹があるからだ。歳を重ねて、この根幹を育てていけたらいいなと思う。

三岸節子 さいた さいた さくらがさいた 1998


TOMOMI SATO’S ART WORKS
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク