デッサン力とオリジナリティ。

藤島先生の家には子供はいかなかった。私が行くと奥様が、いつも高級なビスケットやクッキーをくれた。これだけすごい絵を見せてもらって、その上お菓子までもらって、とても恐縮な気持ちだった。この絵の原画は見たことがないけど、先生が12年にわたって描き続けた雑誌の表紙絵だ。当時私にくださった作品集からアップさせてもらった。
少女は目を閉じてアコーディオンを奏でている。背景は闇のような濃い青。幸せな夢を見ているのだろうか。
少ない線で的確に形を捉え、感情まで表現するデッサン力は卓越している。


藤島 奨 「リスボンの少女」

当時デッサンをやりたいと先生に申し出たことがあったが、断られた。理由は、あまり小さい頃からデッサンをやると、作品が小さくまとまってしまう(絵に面白みがなくなる)ので、今は自由に好きなように描いて欲しい、というのが、先生の願いだった。

先生の言った意味は、今はわかる。デッサンは観察力を養うのに必要だけれど、あまり早くから基本の技術を身につけてしまうと、基本を壊してオリジナリティを作り上げるときに、障害になるからだ。
結局私が本格的にデッサンを学んだのは高校2年生からだった。

今の日本の美術教育では、美術系の高校へ進学するため中学からデッサンを学ぶ人が多い。大学に行く頃にはかなりの技術力がつくようだが、日本の美術大学では、芸術のオリジナリティや、それを実際に社会へ生かしていく術は教えていない。学生は在学中か、社会に出てから自分で探して行かなくてはならない。
結局生きていくために必要な力は、どこへ行っても同じなのだ。



藤島 奨 「子供」


TOMOMI SATO’S ART WORKS
【Official Site】https://www.ts-artworks.com/
【Art Shop】https://artworks2017.thebase.in/
【Facebook】https://www.facebook.com/t.sato.artworks/
【Instagram】https://www.instagram.com/tomomiart8425/
【Blog】https://tomomiart.tokyo
【E-mail】tommys1970@ab.auone-net.jp

スポンサーリンク